Lo nuevo

Interview-KANU(Japanese version)

KANU -Interview

各国様々なプロデューサーを発掘し、リリースを続けるSosumi Recordsですが、KANUはそのSosumiで先月”Runner”をリリースしたばかり。
彼らはつい最近までどのSNSにも正体を明かしておらず、2人組?イタリア人?などなど謎に包またまま。
去年12月の”Driver”リリース時に彼らのプロフィールを見てまず驚いたのが、『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の言葉。またミュージックビデオも日本のサムライ映画を使っていたりと、もしかして日本と何か縁があるのかも?!と彼らを気になったのはこれらがきっかけと言っても過言ではありません。
今回はそんな彼らの今までのSosumiでリリースされたトラックの紹介と、快く受けていただいたインタビューを紹介します!

Driver

共通の友人を介し知り合って6ヶ月後にはリリース!となった”Driver”!!
Sosumiでのファーストトラックであると同時にKANUとしてのデビュー作でもあるこの曲はメンバーの1人がブラジル出身ということもあり、ラテンパーカッションをうまく取り入れ、ハウス、プログレッシブを軸に様々なテイストがミックスされた仕上がりになっています。

Runner

そして先月リリースされたばかりの”Runner”。
この曲は”Driver”のリリース後すぐに制作にとりかかり満足するまでなんども調整を繰り返して出来上がった一曲。”Driver”が様々なサウンドを取り入れられているのに対し、こちらは主にギターで構成されているということです。

 そのほか、 Sosumi Recordsのリリースではありませんが、レーベルのボス、Kryderのセットでも使われることのあるÂmeの”rej”のbootlegなどをSound Cloudで公開しています。

1.今年のADE以前は正体を明かしてませんでしたね。
SNSであなたたちの顔が見れて光栄でした!
でもまだSNSのプロフィールだけではあなたたちの経歴がわからないままです。
できる範囲で自己紹介してもらえませんか?
 

ーぼくらはそれぞれキャリアのあるプロデューサーなんだ。プロデューサーとしての経歴もあるし、ポップダンスミュージックマーケットで、作詞作曲もたくさんしてたんだ。先週ちょうど10作目のプラチナムレコードを祝ったところなんだけど、ぼくらはKANUとしてのプロジェクトに焦点を絞ってるんだ。常ににアンダーグラウンドシーンに注目してるからね。

2.SNSのプロフィールで、虎穴に入らずんば虎子を得ずの文字をみたとき、またミュージックビデオにサムライ映画を使ってるのに驚いたんですが、どんな経緯であの言葉を知ったんですか?またあなたたちは、日本と関係あるんでしょうか?

ーとても古いルーツがあって、現代的な社会になっている日本文化はほんと魅力的だよ。

サムライはその魅力、自尊心、忠誠心の象徴だし、それは僕らに関わりのあることなんだ。日本は神秘的な場所だし、行くのが楽しみだよ。

3.昨年、”Driver”をSosumiでリリースしましたが、どのうように作られましたか?
また、どういうきっかけでSosumiとの関係ができたんでしょうか?

ー”Driver”は僕らのファーストリリースだよ。

ぼくらはこの曲に運命を感じてるんだ、だって僕らの初めてのキャリアを象徴するものだからね。

スタジオに入った時に、何か違った、今までとは違う特別で面白いものを作ろうと思ったんだ。

”Driver”を作ってすぐに、ADEに行ってKryderに会ったんだ。彼はすぐに気に入ってくれて、僕らに彼とSosumiとで活動するチャンスをくれた。僕らはすごくこのチャンスを光栄に思ってるよ。

4.先月やっとRunnerがリリースされましたね。
リリースされるまで少し時間がかかったように思いますが、何か理由はありますか?

ー特に理由はないよ。ただ言えるのは、僕らはひとつひとつの曲に110%を注いでるんだ。僕らがスタジオで満足するまで、リリースはしないよ。サウンドのリサーチを十分して、メロディーに焦点を当て、クオリティーの高い曲に仕上げるよ。

5.”Runner”のイメージはどんなものでしょうか?
なにか影響を受けたものはありますか?

―”Driver”を作り始めた時に、違う音での曲を模索し続けてたんだ。そして今回は、ギターをほとんどのブレークダウンで使ってるよ。

6.今年、Sosumiや他のレーベルでのリリースの予定はありますか?

ーまさに今年のリリースに向けて新しい曲を作ってるよ。Sosumiも考慮に入ってるよ。

7.将来的にコラボしたいアーティストはいますか?

ー他のDJといいコラボができないかを探してるところだよ。でも僕らはいつも何か違ったものを作りたいと思ってて、スタジオで僕らだけでこもってるね。ベストなものを出したいよね。

8.日本のみなさんにメッセージをお願いします

ー日本のファンには

七転び八起き

Never give up! と伝えたいね。

決してあきらめないで!

近いうちに会おうね!

”Runner”に引き続き、新曲も制作中と語ってくれた彼ら。
今後の活躍も楽しみです!!

SURPRISE we are KANU!!! Thanks Boss for the great party 🙏🏻 @krydermusic @sosumirecords

Kanuさん(@wearekanu)がシェアした投稿 –

今回のインタビューのほか1001Tracklistsでもインタビュー記事が掲載されていますので興味がある方は読んでみてください!

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos necesarios están marcados *

cool good eh love2 cute confused notgood numb disgusting fail
Abrir la barra de herramientas