Lo nuevo

S:D J:M Japan tour

S:D J:M Japan tour

 

 

S:DJ:Mとは・・・

Simon de Jano(S:D J)とMadwill(:M)の二人組で構成されたイタリア出身のDJ&プロデューサー。

もともとはGrooveサウンドに焦点を絞ってソロ活動していた彼らがダンスポップミュージックに幅を広げるため、今年1月に結成されたユニット。

音楽教師のSimon de Janoはメロディやサウンド担当、Remixerとしても定評のあるMadwillはテクニカルな部分を担当と二人の役割について、Digitize Radioのインタビューで語っています。➡Link

 

ソロ、そしてSimon de Jano&MadwillとしてはSosumi ,Size, Axtone, Protcolなど人気レーベルでリリース。
そして結成後すぐにリリースされたのが元NEW_IDのRalph FelixとコラボしたThe Heat(I Wanna Dance With Somebody)


WhitneyHoustonの曲をもとに作られたこの曲は、Spotifyではすでに1600万回以上再生、Avicii ,Don DiabloやTiestoなどビッグネームに次々サポートされ二人にとってS:DJ:Mとしての最高なスタートになりました。

 

 

その後、ミュージックフェスティバルのCoachellaでの女の子を題材にした歌詞が面白い、
Matoma&MAGIC!- Girl at Coachella (Feat.Dram)のリミックス。

 

Planet Funk- Chase The Sunのリミックス。

 

イタリアの人気アイドルBenji & FedeTutto per una ragione (feat. Annalisa) のリミックス。

このリミックスリリース後は、Benji & FedeファンのS:DJ:Mの注目度が上がり、今後も何かコラボするのでは?との期待もあります。

 

結成理由の通り、S:DJ:Mとしてリリースされた曲はソロ時代のGrooveとは少しテイストが違っていますが、彼らのプレイセットは得意なGrooveを軸にしつつ幅広いジャンルを取り入れており彼らの明るい人柄が音に表れていて、聴いてる人を飽きさせません!

そしてSNSでは新曲についてアップされており、今後の彼らのリリースが楽しみです。また、交流関係の広い彼らは若手からベテランまでコラボを想像させる投稿をSNSで発信してるので、誰とコラボするのかについても楽しみです。

そんな彼らは11/3に大阪、11/4に東京での初プレイを控えています。
初来日の彼らのプレイを見れるのは今回は大阪と東京だけです。
先月のアジアツアー第一弾も大成功をおさめ、勢いにのっている彼らのプレイを見逃せません!!!

 

来日前に彼らのことをもう少し知りたい!と思ったら、こちらも読んでみてください!

Groove From Tokyo S:D J:M来日特集

11/3 大阪

by Absolute

club Joule

Event Page

 

 

 

11/3 東京

DiA tokyo

Event Page

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos necesarios están marcados *

cool good eh love2 cute confused notgood numb disgusting fail
Abrir la barra de herramientas