An Interview with D.O.D(translated to Japanese)

Atsuko
Por

An Interview with D.O.D(日本語訳)

 

今年の7/21~23にドイツでPAROOKAVILLE フェスティバルが開催され、私たちElectric Lineのドイツチームにより数名のアーティストにインタビューを行いました。そのうちの、Axtoneステージに出演したD.O.Dのインタビューの日本語訳です。Axtone、Sizeからのリリースの話やコマーシャルDJとしての過去。またFacebook上で楽しませてくれていた謎のキャラクター “Gary The Ghost”についても語ってくれています( ^^)

※始めのParookavilleフェスティバルでの感想は割愛してます。

 

あなたはAxtone とSize という2つの名門レーベルからリリースしてますが(Axtoneからは“Sixes” Size からは“Satisfy”)、あなたの曲がこれらのカタログの一部になるとわかった時、まずどう思いましたか?そして、2つの違う音のトラックを別々のレーベルからリリースしたことをどう思いますか?

心からから光栄だと思ってるよ。ずっとこの2つのレーベルの大ファンだし、リリースされた曲はいつもサポートしてる。曲をAxwellとSteveに直接送ったあとに、契約の話がきたんだ。両方のリリースの返事を聞いて完全に飛び上がったね。彼らは僕が想像してたより断然すごいことをやってくれたよ!


あなたが作ったジャンルについて話を聞きたいんですが。

あなたはそれを“Future Jack”と呼んでいましたが、(“Axtone Presents” Podcastで)その名前の由来について教えてもらえませんか?

また今までのサウンドとどうちがうんでしょうか?

Future JackはJackin’ house, groovy baselines とmind bending electronic soundsを融合させたものだよ。つまりは、オリジナリティーなもの、#FutureJack はそれを表現してると思うんだ。

 

 

あなたはAxtoneの配信でDJスキルを披露しましたが、どんな練習をしてきましたか?

僕は8年ほどコマーシャルDJだったんだ。地元のバーやクラブで一晩で8時間ほどポップミュージックを回してたんだよ!そんなことをしてたから9時~5時で終わる普通の仕事はせずに、音楽制作に1週間の時間を有効に使ってたんだ。毎週そんな感じでずっとDJしてて、特に好きじゃない曲をかけるのに嫌気がさしたんだ。暇つぶしにデッキでトリックを独学して、あわよくば、他のクラブやバーが僕のこと気づいてくれたらなーってね。スキルがあって、自分のデッキでのセットの組み方を本当によく分かっていたら、他のDJより抜きに出ると思うんだ。きみたちがやってることの95%は作られた曲をベースにしてると思うんだけど、もしデッキを操ることもできたら、人々に強い印象を与えれると思う。

 

今年の5月にFedde Le Grandとのコラボをリリースしましたが、どうやってコラボの話が出たんですか?

実はブレイクダウンは数年前にできていて、セットでも毎回使ってたんだ。この曲をネクストレベルに持っていくには何か足りないって思って、Feddeに送ることにしたんだ。彼はすぐに返事をくれて、一緒に作ることになったんだよ!Feddeの曲は僕は長年プレイしてるし、彼がこの曲をぼくとやりたいと思ってくれるなんて思ってもみなかったよ!出来上がってみたら50:50のトラックに仕上がっていて、よくあるA-list DJとのコラボでもないってところが本当に気に入っている。Feddeは素晴らしい人だし、彼と制作することができて光栄だね。

 

 ネットでは次のリリースの“Unforgettable”と題された、トラックのRIPがありますがいつごろリリースよていですか?

“Unforgettable” はAxtoneで8/4(金)リリースなんだ。Axwellが数カ月前に選んでくれた。このリリースを最高に楽しみにしてるよ。

※すでに“Unforgettable”はリリース済み

https://axtone.lnk.to/Unforgettable

ダンスミュージック以外ではどんな曲をよく聴きますか?

空港や、ショーの旅の途中はコンテンポラリージャズをよく聴くよ。こういう旅行中はすごく忙しいし、ストレスなんだ。だからJazzを聴いて落ち着かせるのがツアーDJとして重要だね。

 

Facebookであなたはすごくユーモアのあるプロデューサーということがわかりますね。

“Gary The Ghost”が戻ってくるのを次はいつ見れますか?

Garyはもうすぐ帰ってくるよ!彼はほかのプロデューサーのためにビートを作るためにバケーションに出かけてるんだ。

 

あなたの将来のコラボの夢について。つぎにコラボしたいのは誰ですか?

もちろんAxwell!!!

 

最後の質問です。この夏はどんな予定になりますか?(ギグ、ショー、スタジオでの制作など)

この夏はたくさんツアーをするよ、主にヨーロッパとアジアにね。この夏のメインは#FutureJack soundをネクストレベルに持っていくことだね。家にいるときも、スタジオにいるときも、製作をして自分に発破をかけてるんだ。たくさんの新しい曲を待っててね!7曲リリースする予定だよ!

 

Interview conducted by Sabrina NowakKevin Kittelmann and Max Bisi

 

※インタビュー原文はこちら

An Interview with D.O.D

Atsuko
Acerca de


Artículos relacionados

COMPARTE TUS COMENTARIOS

Tu correo electrónico no será publicado. Campos requeridos marcados con *